今日中に借りたいならプロミスで!

急な入用があり今すぐ現金がどうしても必要になった方や、今日中に金融会社からお金を借りたいという方におすすめのキャッシングサービスはプロミスです。

 

プロミスなら、月曜から金曜までの平日でも、土曜・日曜・祝日の週末や連休中でも、インターネットを使って申し込めば、その日のうちにお金を借りることができます。

 

プロミスでお金を今日借りるには、

  • 1:自分の銀行口座へ振り込んでもらう
  • 2:ATMからお金を引き出す

という2つの方法がありますので、ここではそれぞれ詳しくご説明させて頂きます。

1:自分の銀行口座へ振り込んでもらう

プロミスにネットで申し込めば、今日中に自分の銀行口座へお金を振込んでもらうことができますが、その振込先となる銀行によって、申込みから審査、契約までを済ませておかないといけない締切時間が異なってきますので注意が必要です。

 

プロミスが振込み融資できる銀行は2パターンあります。

  • A.三井住友銀行orジャパンネット銀行
  • B.上記以外の銀行

振込先となる銀行口座によって異なる契約締切時間は下記の通りです。

 

A.三井住友銀行orジャパンネット銀行へ即日振込みしてもらうには

銀行口座が三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合、プロミスなら平日も土日祝日も24時間いつでもお金を振込むことができます。(※メンテナンス時間は除く)

 

申込み、審査、契約までの手続きは、夜10時までに済ませておくことで24時間振込み可能となります。審査には最低30分はかかりますので、申込みは遅くとも夜9時までには済ませておくと良いでしょう。

 

ただし、審査に時間がかかったり、申込みが混んでいたりすると、審査結果の連絡や契約が翌日になることもありますので、できればギリギリの時間に申し込むのは避けたいところです。

 

B.上記以外の銀行

三井住友銀行やジャパンネット銀行以外の金融機関への振込みは、土日祝日はできず、平日に限りますので、プロミスとの契約は平日14時までに完了させる必要があります。

 

平日14時までに契約を完了させ、プロミスインターネット会員サービスにログインし、振込み依頼を行えば、受付け完了から最短10秒程度で振込んでもらうことができます。

 

ちなみに、平日14時以降(14:00〜翌9:00)や土日祝日に振込み依頼を行った場合は、翌営業日の9時30分頃に、事前に登録済みの銀行口座へ振り込んでくれます。

 

2:ATMからお金を引き出す

銀行口座への振込みではなく、プロミスの自社ATMや、銀行・コンビニにある提携ATMから現金を引き出す場合は、キャッシング用のカードの発行が必要となります。

 

カードを自宅に郵送してもらうと、申込み当日にお金を借りることができませんので、今日中に借りたい場合は、自動契約機へ出向いてカードを受け取る必要があります。

 

その場合は、ネットで申込み、審査結果を電話かメールで確認してから自動契約機へ向かうようにするとよいでしょう。

 

審査結果を確認してから契約機へ行けば、契約機の中で審査結果を待つ必要がありませんし、契約機へわざわざ行ったのに審査に通らず借りることができないという最悪な状態を避けることができます。

 

また、自動契約機でカードと契約書類を受け取れば、自宅への郵便物をナシにできるので、家族に内緒で即日融資のキャッシングを利用したいという方にもおすすめです。

 

プロミスの自動契約機は、一部夜9時までというところもありますが、概ね夜10時まで営業しており、その時間までに契約を済ませれば、その場でカードを受け取ることができます。

 

また、プロミスの場合、全国の三井住友銀行にある無人の自動契約コーナーでも、夜9時まで契約手続き及びカードの発行を行うことができます。

 

プロミスのキャッシングなら今すぐお金を借りれる

 

今日借りるための注意事項!

申し込んだその日のうちにお金を確実に借りるには、最悪審査に通らない場合でも次の手が打てるように、できるだけ早い時間に申し込む必要があるのですが、それ以外にも見落としがちなポイントがありますので、注意事項として4つ紹介させて頂きます。

  • 1.正しい情報を書く
  • 2.申込み時の入力は正確に
  • 3.書類の写真画像は鮮明に
  • 4.必要な金額だけを希望する

1.正しい情報を書く

審査に通るために収入を多く書いてしまう方が多いそうです。会社名や資本金などの会社の情報から概ねの年収の目安は分かるようで、偽って申告しても見破られてしまいますのでご注意下さい。

 

また、転職したばかりなのに勤続年数を長く書いてみたり、他社からの借入れ件数を少なく記入したりしてもすぐにバレてしまい、借入れ自体ができなくなる可能性がありますので、申込みフォームには正しい情報を記入するようにしましょう。

2.申込み時の入力は正確に

特にメールアドレスや電話番号の入力ミスが多いそうです。メールアドレスの「.com(ドットコム)」を「.co(ドットシーオー)」としてみたり、「.(ピリオド)」を「,(カンマ)」と間違えて入力してしまう方がいるそうです。

 

また、携帯番号の「090」を「09」として「0」が足りないことも多いようです。

 

メールアドレスや携帯番号を間違えてしまうと、プロミスから連絡がとれなくなってしまい、今日借りれるかどうかという前に、契約自体ができなくなりますのでご注意下さい。

3.書類の写真画像は鮮明に

運転免許証や健康保険証などの本人確認書類をスマホで撮影し、メールに添付して送信する場合、文字がぼやけていたり、顔を加工して塗りつぶしたり、知らずに指で隠してしまっている方がいるそうです。

 

写真の文字や顔が見づらいと、撮影し直して再提出する必要があり、それに時間がかかってしまい、当日借入れができなくなることもありますので、書類の画像は絶対に加工せず、ぼやけてる部分がないか確認し、鮮明な写真を提出するようにしてください。

4.必要な金額だけを希望する

プロミスの最大融資額は500万円までとなっていますが、50万円以上の金額を希望すると、収入証明書類の提出が必要になったり、審査に時間がかかったりして当日融資が厳しくなることがあります。

 

今日中にお金を借りたいのであれば、今本当に必要な最低金額で申込みをすると良いでしょう。

 

限度額の増額は契約後に、プロミスインターネット会員サービスから申込みができるようになっています。

 
更新履歴